diskunion
ディスクユニオン高田馬場店|CD・DVD・レコード・音楽本の販売・買取
高田馬場駅戸山口より徒歩2分!! 当店はオールジャンル取扱いの総合店舗です TEL: 03-6205-5454 営業時間: 11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)
diskunion高田馬場店Twitter diskunion高田馬場店Instagram diskunion高田馬場店LINE

11月8日発売ハード&ヘヴィ国内盤新譜入荷情報!

11月8日発売ハード&ヘヴィ国内盤新譜入荷いたしました!


●PRETTY MAIDS  / アンドレス・ユア・マッドネス
国内CD / (ワードレコーズ / GQCS90797 / 2,750円(税込)


北国の帝王、降臨す。果てしなきヘヴィネスとメロディのせめぎ合いが生み出す新境地。狂気の衣を脱ぎ捨て、プリティ・メイズが翔び立つ!

1980年代にデビューしたプリティ・メイズは母国デンマークから世界へと羽ばたき、最高品質のハード・ロック/ヘヴィ・メタルで絶大な支持を得てきた。初のフルレンス・アルバム『レッド・ホット&ヘヴィ』(1984)から35年、『フューチャー・ワールド』(1987)や『シン・ディケイド』(1992)からの「プリーズ・ドント・リーヴ・ミー」(ジョン・サイクスのカヴァー)などで時代を超えて愛され続ける彼らの3年ぶり、通算16作目のアルバムが『アンドレス・ユア・マッドネス』だ。

ハードなサウンド、心に染み入るメロディ、歌わずにいられないコーラス。本作で伸びやかな歌唱を聴かせるシンガーのロニー・アトキンスは、アルバムの音楽性についてこう語る。 「過去10年間やってきたことの集大成。過去のどの作品よりもメロディックだ」結成時からロニーと共にバンドを支えてきたギタリスト、ケン・ハマーも本作について「前作『キングメイカー』(2016)の精神を受け継ぐアルバム」と語っており、その鋭いエッジのリフとメロディ溢れるギター・プレイは、ファンのニーズに100%以上応えるものだ。

前作の制作中に加入、レコーディングではプレイしなかったキーボード奏者/ギタリストのクリス・レイニーが本作では全面参加。バンドのサウンドにさらなる深みと拡がりをもたらしている。全編ポジティヴなエネルギーに満ちた本作。怒りをパワーに昇華させた「サーペンタイン」、思わず口ずさむメロディに裏打ちされたハード・ロック「ファイアソウル・フライ」、ヘヴィに押しまくる「イフ・ユー・ウォント・ピース(プリペア・フォー・ウォー)」「ブラック・サンダー」、ありったけのエモーションを込めたパワー・バラード「ウィル・ユー・スティル・キス・ミー(イフ・アイ・シー・ユー・イン・へヴン)」「シャドウランズ」「ストレングス・オブ・ア・ローズ」など、世界のファンが求めるプリティ・メイズ・ミュージックが惜しみなく曝け出される。

バンドが信頼を置き、近年の作品をレギュラーとして手がけてきたヤコブ・ハンセン(ディジー・ミズ・リジー、ヴォルビート、アマランスなど)をプロデュースに迎え、最強のチームを組んで臨むニュー・アルバム。王道でありながら新鮮、ヘヴィでありながらメロディが溢れ出る、こんなプリティ・メイズを我々は待っていた!

なお日本盤にはボーナストラックとして「サーペンタイン」のオーケストラ・ヴァージョンを収録。彼らの新たな代表曲が、異なったアレンジで生まれ変わる。

【メンバー】
ロニー・アトキンス(ヴォーカル)
ケン・ハマー(ギター)
レネ・シェイズ(ベース)
アラン・ソーレンセン(ドラムス)
クリス・レイニー(キーボード/ギター)

※メーカー・インフォメーションより

引用元
https://diskunion.net/portal/ct/detail/HMHR191010-001





●SLAYER  / ザ・リペントレス・キロジー~ライヴ・アット・ザ・フォーラム<通常盤2CD>
国内CD / (ワードレコーズ / GQCS-90810/1 / 3,300円(税込)


目下フェアウェル・ツアー中、スラッシュ・メタルの帝王スレイヤー。2017年8月5日ホームタウンのロサンゼルスで行われたコンサートをフル収録した映像作品が登場。メタル・ファンならスレイヤー最後の作品となるであろう本作を見逃すな!短編映画も同時収録。

2018年1月、ヘヴィメタル界に衝撃が走った。スレイヤーがフェアウェル・ツアーを行う、つまり現役引退することを表明したのだ。確かにその兆候は以前から見られた。首の手術を受け、激しいヘッドバンギングができなくなってしまったフロントマンのトム・アラヤは、引退をほのめかすこともあった。問題は首だけではない。デビュー以来トム・アラヤ、ケリー・キング、ジェフ・ハンネマン、デイヴ・ロンバードという鉄壁のカルテットを誇ってきたスレイヤーであったが、13年2月にデイヴが脱退。(もうこれで3度目のことであったが。)さらに同年5月2日には、ジェフがわずか49歳でこの世を去ってしまうという悲劇に見舞われたのだ。その後もエクソダスのゲイリー・ホルトらの手を借りて活動を続けてきたスレイヤーで。だが、ジェフもデイヴもいない彼らに割り切れなさを感じていたファンもいたかもしれない。それでも、だ。スレイヤー本人の口から「フェアウェル・ツアー」の言葉が出た衝撃は、半端なものではなかった。それはそうだろう。スラッシュ・メタルが誕生から、まもなく40年。これまで数多のバンドが生まれ、そして解散していった。だが、スラッシュ・メタル・バンドによる「引退宣言」なんて、これまで耳にしたことはなかった。ましてや40年間ずっとトップを走ってきたスレイヤーの引退宣言である。驚くなという方が無理な話だ。

フェアウェル・ツアーは18年5月、ラム・オブ・ゴッド、アンスラックス、ベヒーモス、テスタメントを従えた北米ツアーを皮切りにスタート。19年3月にはダウンロード・ジャパンにもやってきた。トムの最後のスピーチに、感極まったファンも多かったはず。今のところこのツアーは11月いっぱいで終了の予定。果たしてスレイヤーはそのまま引退してしまうのだろうか。

スレイヤーのライヴ模様が収録されており、いずれリリースされるという噂は近年ずっと囁かれていた。フェアウェル・ツアーに先立つ17年に行われた『Repentless』北米ツアーのサポートも務めたベヒーモス。そのリーダー、ネルガルがSNS上で、「スレイヤーがビデオ撮影をやっている」とバラしてしまったからだ。そしてこの度、ついにその全貌が明らかになったのである。

『ザ・リペントレス・キロジー』と銘打たれた本映像作品には、17年8月5日、ロサンゼルスはイングルウッドのザ・フォーラムで行われた公演がまるまる収録されている。メンバーは、トム・アラヤ、ケリー・キングに加え、ゲイリー・ホルトとポール・ボスタフ。「ヘル・アウェイツ」、「エンジェル・オブ・デス」、「デッド・スキン・マスク」、そして最新スタジオ・アルバム『リペントレス』のタイトル曲など、35年以上に渡るバンドのキャリアの中で生み出された名曲の数々が、惜しげもなく披露されている。3月の日本公演ではプレイされなかった永遠のクラシック「アンチクライスト」が収録されているのも嬉しい。本作が収録されたロサンゼルスは、言うまでもなくスレイヤーの地元。オーディエンスの熱気もただごとではない。さらに、本作には「ユー・アゲインスト・ユー」、「リペントレス」、「プライド・イン・プレジュダイス」の3曲のPVを基調とした短編映画も収録されている。

本作がスレイヤーの最後の作品となる可能性は高い。(少なくともゲイリー・ホルトは「スレイヤーがニュー・アルバムを出すことはないだろう」と発言している。)これは単なる1つのバンドの活動停止という話ではない。スレイヤーの終わりは、1つの時代の終わり。彼らの活動停止が、エクストリーム・メタル界、ひいてはヘヴィメタル界に大きな変動をもたらすことは間違いない。本作は、大きな物語終焉のドキュメンタリー、まさに永久保存版と言うべき作品。ヘヴィメタル・ファンならば、これを見るのが義務である。【メンバー】
トム・アラヤ(ヴォーカル/ベース)
ケリー・キング(ギター)
ゲイリー・ホルト(ギター)
ポール・ボスタフ(ドラムス)


引用元
https://diskunion.net/portal/ct/detail/HMHR191004-004


11月8日現在の在庫状況となります。品切れの際はご容赦ください。
お取り置き(新品:取り置き確認から7日間迄)、通信販売も承ります。

ディスクユニオン高田馬場店
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1-34-12 竹内ローリエビル2F
TEL: 03-6205-5454
E-mail: dbb@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)



2019年10月1日からの消費税率変更に伴うお知らせ
9/30以前の商品リストの価格は消費税8%で表記されております。
10/1以降はご購入時に消費税10%に再計算されますので、予めご了承ください。



▶︎【買取のご案内】CD・レコード・DVD・Blu-ray(ブルーレイ)・音楽書籍 高価買取中!!

店舗情報


ディスクユニオン高田馬場店
営業時間:
11:00-21:00(日・祝 11:00-20:00)

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場1-34-12
竹内ローリエビル2F
TEL: 03-6205-5454
E-mail: dbb@diskunion.co.jp



Twitter


Instagram


買取のご依頼



0120-358-045 へ
携帯からは 03-6205-5454

メールで問合せ
dbb@diskunion.co.jp へ

ブログ内検索

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
4 7
10
18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールマガジンサービス

当店のメールマガジンは、各種セール、商品入荷情報、買取キャンペーンなどをお知らせいたします。又、メルマガ会員様のみにお知らせするお買い得なセールも不定期にて開催!!是非ご利用下さい!!

お客様の声

東京都の天気